最初の5分で「え?!こんなに難しいの?」と思うことが出来るようになる瞬間

2016年5月16日 9:46
●ワークショップ参加者のみなさんの作品 / 基本のキ講座

みちくさアートラボ、レポート担当シイナです。
先週は、基本のピンワーク講座がありました ^ ^
この講座は、
・アクセサリーづくりが全くのはじめて
という方を対象にしています。

・1粒のビーズを、いったいどのような方法でアクセサリーにするのか?
・最初に揃えるべき道具は何か?
・初期費用はいくらくらいなのか?
・お店で売っているようなアクセサリーの原価はどのくらいなのか?
・アクセサリー作りの工程や手間はどのくらいかかるのか?
というような、基本的なことからお伝えしています。

まずは、「マルカン」を開く、そして「閉じる」を練習します。
この丸カンも、太さや外径にはいろいろな種類があり、使う箇所によって選ぶものが異なります。
ネックレスやピアスなどのアクセサリーを使い続けていくうちに、壊れてしまう原因の多くがこの丸カンの扱い方が理由だったりします。

そして、ビーズを繋ぐために重要な「9ピン」と「Tピン」の曲げ方もマスターしていただきます。
このピン曲げの作業は、最初はすごーく難しいんですよね…
「難しい…」
「できない…」
というお声が、最初はたくさん聞かれます。

しかし!最初の5分で、「え?!こんなに難しいの?」と思うことが、繰り返し、ペンチの持ち方やピンをつまむ部分、曲げるタイミング…などなどを修正して行くと、講座が終了する頃には、下記のような素敵なアクセサリーが作れるようになっているのです

先日も、
「ショップに売っているものと変わらないクオリティーのものが作れると思いませんでした」
「こういうのは一切やったことないし出来ないと思っていたのに、自分でもアクセサリーが作れる、ということを知りました!」
というお声をいただきましたよ ^ ^

沢山のビーズやパーツの中から、「こんな風に繋ぐと、こんな表現ができる」というのを、考えながら、それぞれのデザインを実現していく時間は、まさに「創造的」です。

クリエイティブな時間を過ごしたあとは、「はー、疲れた…!」という達成感でいっぱいなんですよ。

拡大鏡も用意していますので、細かな作業が苦手な方、老眼の方もご安心くださいね。
手の力がない方や不器用なので時間が足りないかもしれない、というご不安をお持ちの方には、「工数は少ないけど見た目にはボリュームの出る繋ぎ方」もできますので、どうぞお気軽にご相談くださいね!

これまでのほかのみなさんの作品もぜひご覧くださいね!

13116551_1736208963269003_1741391819_n 13116783_1046523808768799_1945194274_n 13109027_259622364389506_1277182056_n 13188108_1740203909558110_748082194_n 13150808_592051744290868_1238726477_n 13109034_1603133560003693_2126246013_n

【6/2(木)】基本のキを知るピンワーク講座の詳細はこちらからどうぞ

【6/3(金)5/18(水)】基本のカシメとテグスワーク講座の詳細はこちらからどうぞ

↑テグスで繋ぐ方法は、ピンで繋ぐのと違った方法なので、両方から選べると、さらに表現の幅が広がります〜

【最新情報配信】

LINE@ページ

今後スケジュールが決まり次第、月に1回程度お知らせをお送りします。
ぜひ友達追加してくださいね!「@michikusa」で検索してください ^ ^
友だち追加数

メルマガ

講座の最新スケジュールなどをメールで月1回程度配信しています。
こちらのメールマガジンにご登録くださいね。

FaceBookページ

みちくさのFBページをご存知ない方は、ぜひこちらも「いいね」をお願いします!
ホームページの更新情報のほか、みちくさスタッフブログやnullnull(ナルナル)情報もお届けしています。
フェイスブックページはこちらです

アメブロ

みちくさアートラボオーナーシイナの徒然日記もご覧ください。
アメブロはこちらです

下記でもみちくさアートラボの更新情報を入手できます☆
twitter (フォローしてください♪)
インスタ(フォローしてください♪)

講座スケジュール&営業日カレンダー

営業日と開催中のワークショップはこちらをご覧ください

浅草橋駅徒歩2分のカフェ&ワークショップ みちくさアートラボ
東京都台東区浅草橋1-31-4 大原第三ビル3階B室
カフェの電話 090-1263-9774
お問合せは、こちらのお問合せフォームまたはshiina@onyva.co.jpまでお願いいたします

Comments are closed.