【レポート】「羊毛フェルトやってみたいけれど難しそう」と思ってますか?

2017年10月5日 9:13
●ワークショップ参加者のみなさんの作品 / 羊毛フェルト講座

みちくさアートラボ、ふわふわ担当のmacoです。

先週末、一年ぶりに復活した モコモコ羊毛フェルトの講座 。
みなさんの作品をご紹介させていただきます。

「羊毛フェルトやってみたいけれど・・・難しそう・・・・」と思っている方って、多いのではないでしょうか?
実は、私も数年前まではそんな一人でした。

ふわふわ&モコモコした羊毛フェルトって、可愛いですよね~❤

でも、羊毛を細い針でチクチクしながら、動物のカタチにしあげるのは、正直やっぱり大変。

しかも、調子にのってチクチクしていると、かなりの確率で指を刺します(そして、ものすごく痛い)。
細くて繊細な針に見えますが、実はサメの歯のような細かい「返し」がついているので、予想以上に痛いんです。

布なら、型紙をとって、印に合わせて立体に縫い合わせれば形になりますが(それも難易度高し!)、
羊毛フェルトは「造形」系なので、ボールや俵形にまとめた羊毛をひたすらチクチクすることで、固めて、犬や猫の形を3Dで作り出していかなければいけません。
可愛い動物のキットを買って、挫折した方も多いのではないでしょうか?

そこで、みちくさアートラボの羊毛講座では、羊毛初体験の方に、羊毛フェルトの楽しさを、簡単に少しだけ体験してもらえたらと考えました。
お裁縫と同じように、型を用意していますので、「猫のはずがカワウソ(?)になった」とか「犬のはずがハリネズミ(?)になった」という悲劇は起こりません(笑)

羊毛フェルトは、完成した作品の可愛さもですが、無心にチクチクしているときの「癒し❤」効果も醍醐味です。
最初の一時間は、みんなでひたすらチクチク・・・チクチク・・・チクチク・・・・チクチク。
後半の一時間は、みちくさアートラボにある、ファーや可愛い毛糸、ビーズなどで可愛くデコレーションしてブローチにしあげます。

ここ数年、ハンドメイド界では、ビジューやパールなどをあしらった、ゴージャスなブローチが流行っていますよね ^ ^
私もさりげなく、バックや上着につけていますが、「どこで買ったの?」と聞かれることがたびたびです。

そして、同じ方法で、直接、コットンのバックに刺繍することもできますし、これからの季節、クリスマスツリーの飾りなんかにもにもぴったりです。

今回も、可愛い猫ちゃん、ワンちゃんが無事に完成しました。
小さなラインストーンを爪にしたり、目にしたりと、新しいアイディアも生まれました。

「自宅でちょっとイライラすることがあって来たけれど、ここに来たら楽しくなりました」と言って下さった方も!
数年前に買って、お家に眠ってる羊毛セットを見つけ出して、チクチクしてもらえたらと思います。

私が集めた新しい型も仲間入りしています。
お店にいらした時に、手にとって、ナデナデしてみて下さい。





羊毛フェルトのちくちくブローチ講座の詳細はこちらです

次回開催は未定となっておりますが、ラインにご登録いただけると、日程が決まり次第お知らせいたします

なお、ラインでのお申し込みも可能です。
ラインでお申し込みいただくと、ご連絡がスピーディーに取れますので、ラインをお使いの方はラインでのお申し込みをおすすめします。
ライン登録について↓
http://michikusaartlab.com/archives/10588

【最新情報配信】

■LINE@ページ

今後スケジュールが決まり次第、月に1回程度お知らせをお送りします。
ぜひ友達追加してくださいね!「@michikusa」で検索してください ^ ^
友だち追加数

■メルマガ

講座の最新スケジュールなどをメールで月1回程度配信しています。
こちらのメールマガジンにご登録くださいね。

■FaceBookページ

みちくさのFBページをご存知ない方は、ぜひこちらも「いいね」をお願いします!
ホームページの更新情報のほか、みちくさスタッフブログやnullnull(ナルナル)情報もお届けしています。
フェイスブックページはこちらです

■アメブロ

みちくさアートラボオーナーシイナの徒然日記もご覧ください。
アメブロはこちらです

下記でもみちくさアートラボの更新情報を入手できます☆
twitter (フォローしてください♪)
インスタ(フォローしてください♪)

■講座スケジュール&営業日カレンダー

営業日と開催中のワークショップはこちらをご覧ください

浅草橋駅徒歩2分のカフェ&ワークショップ みちくさアートラボ
東京都台東区浅草橋1-31-4 大原第三ビル3階B室
お問合せは、こちらのお問合せフォームまたはshiina@onyva.co.jpまでお願いいたします

Comments are closed.