【オンラインWS】縫わない畳縁ポシェット(ポーチ)講座

2020年4月18日 23:05

基本の縫わない畳縁トートバッグをマスターしたら、次に作りたいのが、このふっくらしたフォルムの畳縁ポシェット!
トートは全く異なるつくり方になります。

ちょいと忘れてしまいやすい工程があるので、オンラインワークショップの「動画付き」は便利だと思います。

このマチのあるポシェットは裏地付き。
かわいい布で裏地もつけてくださいね。
キットには裏地は入れておりません。何の布でも構いませんので、薄手の布をご用意ください。(あまりに厚いと作業が大変です)
100均の50cmカットクロスなども合います。
布がない場合は、白い布を無料でキットに入れますので、お気軽にお申し付けください。

サイズを小さくするとポーチになります。
ポーチは工程をシンプルにしていますので、サクサクと作れます。(裏地なし)

サイズによっていろんな雰囲気になります。

動画のデモストレーションでは、この長財布も入る6列ポシェットと、4列のポーチの2パターンをご紹介しています。
ポシェットのショルダーベルトもサイズ調整つきで作れます。

縫わない畳縁トートバッグ同様、「カシメ」を使うので、打ち具セットが必要になります。
スクリューポンチ  980円
打ち台  395円
打ち棒 205円 ←サイズは6mmのもの
が必要。
レザークラフトの道具はサイズや種類がいろいろあり複雑なので、みちくさで使用しているものが合うかどうか、お持ちのものを確認させていただきます。
これから揃える方は、前途の3つを購入してくださいね。

少々ハードルが高そうなイメージのある「カシメ」ですが、意外とミニマムな道具でいろいろなことができます。
特に、縫わないシリーズには欠かせないアイテムなのです。

ほかには、特別な道具は必要ありません。

使いやすいポーチも作れます。こちらは作り方がカンタンになっています。

サイズを変えるとこんな感じ。

7列の横長ポシェット。

ちょいと小さめ5列ポシェット。

手頃サイズが便利な3列&4列ポーチ。



サイコロっぽくもできます。

細長くすればペンケースに。

いろんなカタチで作りたくなるポーチです。

受講料は、
最初の「6列ポシェット」の場合、6600円+追加畳縁2本600円+送料520円
合計 7720円
です。
裏地はお好みもあるかと思うので、入れておりません。白い布を欲しい場合はお申し付けください。無料です。

加えて4列ポーチも作りたいなら、+畳縁1本300円
合計 8020円
です。
(↓この2点で8020円です。ショルダーベルトも作ります)

また、お気に入りの柄で作りたい場合、追加畳縁は、ご自身で手芸店やネットで購入されても構いません。

※写真にある飾りのコサージュなどの分は含まれません。
コサージュなどは、畳のヘリアクセサリー講座で作れます。

「オンラインWSの畳縁ポシェット講座希望」とお知らせください。
その後のやりとりで、畳縁の柄をお打ち合わせし、お支払い方法(銀行振込)をご案内いたします。

現在開催中のオンラインワークショップはこちらです

個別のマンツーマンレッスン付きの超贅沢なオンラインワークショップです。

お申し込みは、こちらのラインから、ご連絡ください

友だち追加


↑QR読み込みでみちくさアートラボを友達追加してください。

講座のお申し込み、お問い合わせは、みちくさアートラボのLINEでどうぞ!
※LINEでのやりとりが、一番早くて確実なので、できるだけラインでご連絡いただけると有り難いです。

【最新情報配信】

■LINE@ページ

今後スケジュールが決まり次第、月に1回程度お知らせをお送りします。
ぜひ友達追加してくださいね!「@michikusa」で検索してください ^ ^
友だち追加数

■メルマガ

講座の最新スケジュールなどをメールで月1回程度配信しています。
こちらのメールマガジンにご登録くださいね。

■FaceBookページ

みちくさのFBページをご存知ない方は、ぜひこちらも「いいね」をお願いします!
ホームページの更新情報のほか、みちくさスタッフブログやnullnull(ナルナル)情報もお届けしています。
フェイスブックページはこちらです

■アメブロ

みちくさアートラボオーナーシイナの徒然日記もご覧ください。
アメブロはこちらです

下記でもみちくさアートラボの更新情報を入手できます☆
twitter (フォローしてください♪)
インスタ(フォローしてください♪)

浅草橋駅徒歩2分のハンドメイドワークショップ みちくさアートラボ
東京都台東区浅草橋1-31-4 大原第三ビル3階B室
お問合せは、こちらのお問合せフォームまたはshiina@onyva.co.jpまでお願いいたします

Comments are closed.